スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の公用語

英語、ロシア語、中国語、フランス語、アラビア語、スペイン語

どうも、高井です、上の6言語を、見た瞬間に何に使われている言語かわかった人はいますか?わかった人は国連に興味があるひとですね、きっと。そう、上の6言語は国連の公用語です。国連で働くためには、最低でもこの中の一つの言語は習得していなければなりません(試験があります)。日本人もです。国連では、議事録なども、最低これら6つの言語には訳されています。
この6言語が選ばれた理由は

1 第二次世界大戦の勝利国
2 この言語を母国語としている人が多い

ということです。さて、題名に戻りますが、世界の公用語といえば皆さんがイメージするのは英語だと思います。これは、ある見方をすれば正しいし、ある見方だと間違っています。その理由としては、次のランキングを見てください
一位 中国語
二位 スペイン語
三位 英語
四位 アラビア語
五位 ヒンディー語

これは世界の母国語ランキングです。これを見ると、英語は三位です。ただ、この数字はあくまで母国語なので、「話すことが出来る人が多い言語ランキング」というランキングだと、順位は変わってきます。きっと英語が一位でしょう。
世界には公用語を二つ以上持っている国も存在します。日本はもちろん日本語が公用語です。ある国では、国の中に様々な言語が存在し、国の中での情報伝達が難しいので、公の場では英語を使う国もあります。その国の母国語は英語ではないにも関わらず。その場合、英語はその国における公用語となります。
僕が夏休みに行ってきたフィリピンについて話します。フィリピンの公用語はフィリピン語と英語です。フィリピンには様々な島があり、言語が沢山あるので、同じフィリピン人同士でも、育った場所が違えば、英語でしかコミュニケーション取れません。公用語である、フィリピン語ですら、コミュニケーションがとれない場合もあります。このような国が世界には沢山あります。日本は幸いにも日本語でほとんどの日本人とコミュニケーションがとれます。
また、植民地時代に言語を他国から公用語として新たに教育された国もあり、フィリピンもそのひとつです。
日本も第二次世界大戦後、GHQによる、英語の公用語化が計画されていました。しかし、国民に日本語テストをやった結果、平均の点数が高かったため、英語の公用語計画は中止されました。もし、そのとき、平均点が低かったら、英語が日本の公用語になっていたかも知れません。そんなのは嫌ですが。

今回はこれにて。また気が向いたら、ブログ更新します。
スポンサーサイト

留学で体感したこと

ども、高井です

今回先週の予告どおり、留学の体験記を書きます。やっぱり、留学先から更新すればよかったな。もう記憶が薄れていってる

外国人と話すときは、上手く伝わらなくても、話そう!って気持ちが大切なんだな。っておもいました。留学先では僕より英語が出来ない年下の子がいましたが、彼は一生懸命自分の気持ちを英語で伝えようとしていました。それに比べると僕は、伝わらないことを恐れてしまうことがたびたびありました。次海外行くときはもっと積極的になりたいな。

やっぱり自己主張が大事
よく、海外では日本と違い、自己主張が大切と聞くけど、ほんとにそうなんだと思いますね。とりあえず要望を言ってみたら、意外とすんなり意見を通してくれることがよくあったな。言わないと、そのまま時が過ぎてしまうし。

体壊す
僕は今回フィリピンに6週間滞在しましたが、二回も体壊しました。しかも二回目は1週間続きました。いくら注意しても、しかたないのかな、って思います。日本は清潔だし、その環境に慣れてるから。大事なことは風邪をひいても落ち込まず、開き直る事かなっておもいますね(二回目の時は落ち込みましたが)

やっぱり、海外で長期で滞在する事って大変ですね。今回は消極的なことばかり書いたので、次回は海外で暮らすことに対するプラスの面を書いていこうと思います。

ようこそあったかい道

ども、高井です。フィリピンから帰ってきました。帰国してから思ったんですけど、留学先からブログ更新すればよかったですね。日本に居るときより暇な時間は沢山あったことだし。まぁ、終わったことを言ってもしかたないですね。今回は留学の体験記を書こうと思ったんですが、違うことについて書きます。その内容は10月15日に行われた「ようこそあったかい道」というイベントについて書きます。このイベントに僕は札幌教育大学の国際交流サークルの人の紹介を受けて、ボランティアとして参加しました。
ようこそあったかい道とは、東北地震の影響で北海道に移り住んできた人を対象としたイベントで、今回で4回目でした。具体的な内容は、被災者の方にに仕事を紹介したり、服や野菜や生活必需品を差し上げたりするイベントでした。それらは寄付されたものがほとんどでした。他にはマッサージ師が無料でマッサージしてくれるスペースや、弁護士に無料で相談できるスペースが常時ありました。スタッフは100人近く、参加者は300人近くいたんじゃないかなー。もちろん、スタッフは僕の知る限りではほとんどがボランティアです。
僕にこのイベントを紹介してくれた人は「みちのくkids」の代表さんです。みちのくkidsは、札幌教育大学の生徒を中心とする団体で、被災の影響で札幌の移り住んできた子供の面倒や遊び相手をすることを主な目的としています。彼らは今回はキッズルームを作り、子供たちの面倒を見ていました。母親・その子供というペアでイベントに参加されている人が多かったので、親も子供を預けることが出来、助かったに違いありません。北海道には「みちのく会」というものもあります。これは被災されて引っ越してきた方全般を支援しています。こっちのほうの運営はほとんどが大人がやっています(全員かな?詳しく知らないので曖昧に書いときます)
今回参加して強く思ったことは「みんなで力をあわせれば、こんないいイベントが開けるんだなー」です。僕はこのイベントが4回目なのにも関わらず、今回で初めてこのイベントの存在を知りました。イベント当日協力できなかった人も含めると沢山の人がこのイベントに無償で協力した人の事を考えると、うれしい気持ちになりました。僕もその一人として携われたこともうれしかったです。写真撮ってきて、このブログに載せればよかったな
さて、この記事を書いてる今は17日で、更新されるのは10月22日ですが、この日は何の日かGIFTサークル員にはわかるかな?わかった人はコメント下さい
10月21日はESSと飲み会があったけど、盛り上がったかな?僕はGIFT側の幹事なので責任を感じます。ま~、きっと盛り上がったことでしょう。
次回は留学の体験記を書きます。それでは、また


チャンジリング

ども、高井です

今回は実話を基に作られた映画、チェンジリング(原題:Changeling)を紹介します

この映画は2008年に公開され、監督クリント・イーストウッド、主演アンジョリーナ・ジョリーです

内容は
ニューヨークで実際に発見されたゴードン・ノースコット事件を再現しています。
母親である主人公の息子が行方不明になり、数ヵ月後に警察が発見して、母親の元に返しますが、その子は歯の治療記録等から明らかに別の子でした。それから、母親は息子ではないと主張しますが、警察は信用せず、母親を精神病院に強制入院させます

感想を書きます
これが実話だとは信じられないな」まず、そう思いました。特に警察の行為が信じられません。きっと、警察のような巨大組織には監視役が必要なんだと思います。

来週は9月17日です。僕が留学から帰ってきている日です。元気があればその日にでもブログを更新しようかな。それでは、また

はるみへ
20歳誕生日おめでとう。これからもよろしく

ダークナイト

ども、高井です

今回はバットマンシリーズのひとつで、最新作ダークナイトを紹介します

この作品は見た人も多いと思います

内容をあっさり説明します
バットマンがジョーカーと戦う

感想を書きます
バットマンはスーパーマンやスパイダーマンと同様アメコミから映画となった作品です
僕の今までのアメコミの映画のイメージは
主人公が悪と戦う⇒主人公が一度負ける⇒主人公が強くなり、悪に勝つ⇒正義は必ず勝つ
のような構図ばかりだと思っていましたし、実際そうだと思います。しかし、ダークナイトは違いました。
この映画を見終った時「あれ?これってバットマンの負けじゃないかな?」と疑問を持ちました。
この感想だけでは何を言っているかわからないと思うので、是非、見てください

それでは、また
ようこそG.I.F.T.へ
プロフィール

G.I.F.T.

Author:G.I.F.T.
相互リンク大歓迎です!申請はgift.wwcm.hgu@gmail.comにどしどし送ってきてください♪
G.I.F.T.への依頼なども上記アドレスにお願いします♪

ブログランキングに参加しています
1日1クリック反映されるのでポチッとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。