スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン

文字色どーも!

今週のテーマは「世界の学業」
今日はスウェーデンの学業について書きまーす。


スウェーデンの学校教育は、ヨーロッパの中でも、他に例を見ないユニークなシステムを持っています。

小中学校の義務教育は、日本と変わりませんが
高校、職業学校、成人学校、大学および学院も、入学金や授業料がなんと無料なんです。

義務教育は
1~3年生:低学年(7~9歳)
4~6年生:中学年(10~12歳)
7~9年生:高学年(13~15歳)

と、なっており8月から学校がスタートします。

大学入学制度は、特に日本とは異なります。

生徒の希望学校に入学試験を受けて入る日本のような制度でなく、
全国検定試験と学業の成績とによって、全国にある希望学校を申請し、成績順に入学が許可されます。

そのために、時には第一希望とは全く離れた、地方の学校に入学することになる場合もあります。


スウェーデンでは、メディア関係の仕事に憧れる人が多く、メディア関連の科目が多数あります。また、写真、テレビ、映画用のスタジオ施設も完備していおり、、授業中はコンピュータが大いに活用され、生徒一人ひとりに電子メールのアドレスが学校から与えられるとか、られないとか。


みなさんも憧れも仕事に向かって、勉学に励みましょう!!!
スポンサーサイト

韓国!!

アニョハセヨ~ 今週のテーマは「世界の食」

今日は日本のお隣、韓国の食文化をみなさんに紹介します!


韓国の料理は日本と比べて、スープ類が多く、やはり唐辛子を使った辛~い料理が好まれます。
しかし、なんでも辛くすればいいってもんじゃありませんよ。

五味(甘味、辛味、酸味、塩味、苦味)、五色(赤、緑、黄、白、黒)五法(焼く、煮る、蒸す、炒める、生)をバランスよく献立に取り入れることを良しとされます。


パンチャン(おかず)
パンチャン(おかず)

どうですか~??色とりどりでおいしそ~ですね。



いきなり話が変わりますが
韓国に行って困らないように、食事のマナーについて少し紹介します。

・器は持たずテーブルに置いたままで、汁物などは口を器に近づけて食べます。
日本とは違いますね~

・料理が多い時は残してもいいんです!マナー違反じゃございません!!
 「全部食べなきゃ」とプレッシャーを感じなくて大丈夫。
 
 多かったら無理をして食べないでください。これは、「客人には、たくさんの食材でおもてなしを」という韓国文化です。

 食べ物を残すことは
「もうお腹がいっぱいです。あなたのご家庭は、こんなにたくさん食べ物を出せるほど豊かなのですね」という敬意の表れ…とも言われます。

【使える一言】
「배 불러요(ペ ブルロヨ/お腹がいっぱいです)」←是非つかってください。



他にもたくさんマナーがあります。食事マナーを理解して、韓国の文化に合わせようとする姿は、韓国の人を感動させること間違いなし!!


それでは、みなさん

韓国に行きましょう!!!!
ようこそG.I.F.T.へ
プロフィール

G.I.F.T.

Author:G.I.F.T.
相互リンク大歓迎です!申請はgift.wwcm.hgu@gmail.comにどしどし送ってきてください♪
G.I.F.T.への依頼なども上記アドレスにお願いします♪

ブログランキングに参加しています
1日1クリック反映されるのでポチッとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。