スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モダン・タイムス

ども、高井です

今回は前回に引き続きチャップリンの作品モダン・タイムスについて書きます

この作品は1936年にアメリカで上映されました。この映画もサイレント作品ではなく、音声入りです

では、内容から
チャップリン演じる主人公は機械工場でラインで働きますが、機械的な動作ばかりで発狂してしまい、入院することになります。この後も、仕事に就きますが、長続きしません。そんな中、浮浪少女と出会い、意気投合して仕事に就きます。その後もトラブルには巻き込まれるものの、二人は仲良くやっていきます。

感想を書きます
前回紹介した独裁者と同様、社会風刺の映画となっています。それでも、作品の中には笑いが取り組まれていて、見る人を飽きさせません。作中に、チャップリンがローラースケートをするシーンがありますが(本人がやっていると思われる)、そこの部分は念入りに練習しているのが目に取れます

僕はチャップリンの作品を二つしか見ていませんが、もっと見たいです。二つとも面白かったでしたし、メッセージも強く伝わってきました。大きなレンタルショップにはあると思います

それでは、また

スポンサーサイト
ようこそG.I.F.T.へ
プロフィール

G.I.F.T.

Author:G.I.F.T.
相互リンク大歓迎です!申請はgift.wwcm.hgu@gmail.comにどしどし送ってきてください♪
G.I.F.T.への依頼なども上記アドレスにお願いします♪

ブログランキングに参加しています
1日1クリック反映されるのでポチッとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。