スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、できること

会長のYoshiです。

11日、東北地方を中心として東日本を巨大な地震が襲いました。

連日メディアでは悪夢のような被災状況を報道しており、インターネット上では善意の情報拡散が広まっています。

普段は世界の情報をお伝えするG.I.F.T.ブログですが、今回ばかりは、同じ日本人として全ての被災者のためにできることを伝えさせていただきます。

この北海学園大学のある札幌では、ほとんど地震の災害はなく、被災地との物理的な距離が大きいため、「報道を見て心を痛めているけど何をすればいいのかわからない」という方が大半かと思われます。

しかし、遠く離れた北海道でも微力ですが支援できることがあるので紹介したいと思います。

とはいえ、今のこの段階で僕たちにできることはほとんどありません。

できることといえば、寄付、これのみです。

コンビニエンスストアでは昨日から募金を開始しました。

外出した際にはぜひ募金に協力ください。

あと、インターネット上でも寄付が可能です。

Yahoo!緊急災害募金
↑Yahooウォレット(登録無料)に登録したクレジットカードから募金します

Tポイント緊急募金

↑TSUTAYAやファミリーマートなどで貯まるTポイントで募金します

寄付の仕方は他にも様々あります。

また、その際には必ず信用できる団体を通して募金するようにしましょう。


昨日、東京電力の方から節電のお願いが出たことから、インターネット上では全国で節電を呼び掛ける動きがありましたが、情報が錯綜していて必ずしも効果があるとはいえないこともあるようです。

節電の必要のあるなしは地域によって、というより各電力会社によって異なります。

北海道に関してのみ言えば、今は節電の必要はなしです。(13日現在の状況では)

現在北海道電力は東北電力に電力の供給を検討しています(先ほど実施しました)が、北海道電力はもともと電力の供給能力に余裕があり、北本連系(津軽海峡の海底ケーブルを通じ北海道と本州の送電網をつなぐ設備)の送電能力が60万キロワットと低いこともあるため、今のままでも送電の融通が利くそうです。

つい先ほど管首相から国民へのメッセージが流れ、節電を呼び掛けていましたが、あれは東京電力の話です。

13日20時25分現在では北海道電力からの呼びかけはないので、もし要請されたときには全力で協力しましょう。

→参考「節電すべきか」という疑問に対する回答(地域別)


これはしてはいけないことですが、物資を送ることも今は避けた方がいいです。

阪神淡路大震災の際、特定の被災地に物資が届かなかったり、仮に届いても食糧が腐敗していてゴミとなってしまい、その処理に困ったようです。



僕たちにできることは少なく、次々に報道される情報に目を覆いたくなる日々が続くかと思われます。

自分の無力さに改めて気付かされるかもしれません。

しかし、こんなときだからこそ、幸運にも被災していない僕たちは普段通りのことを頑張るしかありません。

心の片隅で被災者の無事を祈りながら、「いつものこと」を頑張りましょう。

僕たちの寄付したお金で、救助なり支援なり、その道のプロが被災者の方々を救ってくれます。

日本はきっと良くなります。

思いやりがあって、心優しい人たちが集まる国です。

絶対良くなります。



このM9.0の世界最大級の大地震のニュースは世界中にも伝わり、世界各地からtwitterで「#prayforjapan」というハッシュタグに載せて祈りのメッセージが届いています。

↓イギリスのインディペンデント紙ではこんな一面でした。

257046320.jpg


大地震という危機的状況にも関わらず、日本人の温かい心が際立ちます→地震発生後、twitterに投稿された心に残るつぶやき


日本を代表するハードラーの為末大選手はサンディエゴからこんなメッセージを送っています。


歌手でT.M.Revolutionの西川貴教さんは、一昨日から自分にできることを模索していたようで、まだ草案の段階ですがチャリティーイベントを行うようです→TwitLonger



まだまだ紹介しきれないメッセージなどがたくさんありますが、みなさんもインターネットで探してみて自分自身の目で確認してみてはいかがでしょうか。

個人的な話になりますが、身内で被災した人間がいます。

もちろん心配です。

無事であることは確認できましたが、ちゃんと水は十分飲めているのか、食べ物はあるのか、とても心配です。

しかし、僕たちがずっと心配していても何も前進しません。

彼は現地で頑張っています。

被災していない僕たちにできることは、やはり、状況が進展することを祈りながら普段のことをいつも通り頑張るほかはありません。


これからも国際交流サークルG.I.F.T.の会長として、留学生のために、国際交流がしたい大学生のために、全身全霊をもって活動に取り組んでいきたいと思います。


最後に、被災し亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災者の方々が一日でも早く通常の生活に戻れるよう切に望んでおります。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ようこそG.I.F.T.へ
プロフィール

G.I.F.T.

Author:G.I.F.T.
相互リンク大歓迎です!申請はgift.wwcm.hgu@gmail.comにどしどし送ってきてください♪
G.I.F.T.への依頼なども上記アドレスにお願いします♪

ブログランキングに参加しています
1日1クリック反映されるのでポチッとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。