スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き続き…

こんにちは!!Yusukeです。

ゴールデンウィークまっただ中ですね。サークルでは明日は恒例のお花見です。

楽しみですね。

今日は世界の音楽…ビートルズ編第3弾!!前回の続きで後期のアルバムを紹介していきます。


⑦まずは1966年発売の"Revolver"

このアルバムは中期ビートルズの特徴であるサイケデリックな雰囲気のアルバムとなっています。このアルバムで初めてジョージ・ハリスンの曲が収録され、さらにひとつの音源を微妙にずらして重ねるArtificial Double Trackingという技術が初めて導入されたロック史の中でも重要なアルバムらしいです。

⑧続いて1967年発売の"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"

このアルバムは129日以上かけて制作され、ビートルズ中期の実験的なサウンドの集大成として語られるアルバムらしいです。
さらにこのアルバムは世界初のコンセプト・アルバムで、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のショーをクラシック組曲の演奏風に仕立てるという内容になっているそうです。

⑨1968年発売の"The Beatles"

「ホワイト・アルバム」という通称で呼ばれることが多いです。2枚組30曲入りで多種多様な楽曲が収録されており、現代音楽の全ての要素が詰まっていると評されるほど多彩な作品が集められているそうです。

前作までのサイケデリックな雰囲気から一転してバンドサウンドのシンプルなものが多くなり、ヘヴィメタルの先駆けと言われる「ヘルター・スケルター」や前衛的な「レヴォリューション9」など、様々な新しい試みがなされています。
また、メンバーが個別にソロでレコーディングされたものが多いのも特徴です。

⑩1969年1月に発売"Yellow Submarine"

アニメ映画『イエロー・サブマリン』のサウンドトラックアルバムです。このアルバムの制作時はアップルの設立と重なっていて十分な製作期間がとれなく、B面にはビートルズのプロデューサーであるジョージ・マーティンの作品と彼のオーケストラの演奏が収録されています。

⑪1969年9月発売"Abbey Road"

「EMIレコーディングスタジオ」はこのアルバムの大ヒットをきっかけに「アビーロードスタジオ」と改称しました。本作では、B面の大部分がメドレーで、ポールとリンゴは「B面のメドレーは僕らの最高傑作のひとつ」と発言していますが、ジョンは「A面は良いけどB面はちょっとね。あれはガラクタを集めただけだと思うよ」と否定的に語っているようです。

本作はビートルズの事実上のラスト・アルバムと言われています。

⑫1970年発売"Let It Be"

映画『レット・イット・ビー』のサウンドトラック盤として発表され、このアルバムでは、原点に返って過剰なオーバーダビングをなくし、スタジオライヴやビルの屋上でのライヴ演奏でレコーディングされました。そうして作られたこのアルバムは『ゲット・バック』というタイトルが付けられテスト盤まで作成されました。が、しかしあまりにも散漫な出来映えにリリースは延期され、その後に制作された『アビイ・ロード』の方が先にリリースされました。

『アビイ・ロード』のリリース後、彼等は自分たちで『ゲット・バック』を完成させることを断念し、プロデューサーのフィル・スペクターがオーケストラやコーラスなどのオーバー・ダビングを施し、本来のコンセプトとはまったく違った形で「Let It Be」としてアルバムを完成させたそうです。


とりあえずイギリスの公式アルバムはこれで終わりです。

毎回積極的に新しいことに挑戦していったビートルズ。素晴らしいですね。

後期は色々あったみたいですが…それはまた今度にします。

次週はコーヒーの話です。

お楽しみに~^^

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ようこそG.I.F.T.へ
プロフィール

G.I.F.T.

Author:G.I.F.T.
相互リンク大歓迎です!申請はgift.wwcm.hgu@gmail.comにどしどし送ってきてください♪
G.I.F.T.への依頼なども上記アドレスにお願いします♪

ブログランキングに参加しています
1日1クリック反映されるのでポチッとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。