スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャールズ・チャップリン

ども、高井です

今回はチャールズ・チャップリンの作品独裁者(原題:The Great Dictator)を紹介します

概要から
この映画は1940年のアメリカで公開されました。ナチスを痛烈に批判している映画です。
チャップリンが主人公であるユダヤ人役と、ヒンゲル(ヒトラーのこと)役を両方演じていますこのことが最後のおちにつながります。この映画はサイレントではなく、音声が入っています。

感想を書きます
チャップリンの作品はこれが初めてでしたが、「長い間いろんな人に見続けられるのが納得できるな」と思わせる作品でした。ただの社会風刺の映画ではなく、笑いも存分に組み込まれています。最後の演説もすばらしいです。

チャップリンといえばステッキで有名ですが、あれは日本の竹で作られています
運転手(後にマネージャー)として採用した高野虎市の実直な仕事ぶりを高く評価していたため、家の使用人が一時すべて日本人で占められていた。2番目の夫人であるリタ・グレイは、この様子を「まるで日本人の中で暮らしているかのよう」と評した。(ウィキペディアより引用)

今回はこれにて。それでは、また
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ようこそG.I.F.T.へ
プロフィール

G.I.F.T.

Author:G.I.F.T.
相互リンク大歓迎です!申請はgift.wwcm.hgu@gmail.comにどしどし送ってきてください♪
G.I.F.T.への依頼なども上記アドレスにお願いします♪

ブログランキングに参加しています
1日1クリック反映されるのでポチッとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。