スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お も い だ し た

みなさん

あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す


胸にあったもやもやがやっとなくなりました


いやー

わ す れ て た


申し訳ありませんでした。


では普通に始めたいと思います

タイムリープはしません

月曜担当の方ごめんなさい

さてさて、

ほかのかたの記事を見る限り・・・

今週のテーマはイギリスみたいですね

わ す れ て た


どうやらビートルズについてすでに書かれてしまってますね。

ま、そんなのは
お構いなしにイギリスのバンドについて書かせていただきます。


しっかーし!

ビートルズが紹介されてしまっているので、いまさらオアシスとかコールドプレイを紹介してもおもしろくないんじゃないか・・・

ちなみに、コールドプレイって、決して卑猥なプレイではないので期待しないでください。
期待しちゃってた方は、あとは自分の妄想スキルを抜群に発揮しちゃってください

うーん・・・どうしよう

まず、ローリングストーンズです




rolling

誰もが知ってる、このマーク。

1960年代から現在まで第一線で活躍するバンドです。
でぃす いず ろっく!
って感じですね

ほかにも、ディープ・パープルやレッド・ツェッペリン、エリック・クラプトンが在籍していたクリームなど、たくさんの伝説的バンドがあります。

んー なんかインパクトがないですねー

2000年代だとリバティーンズなんかも有名にはなったけど・・・




じゃあ、もうこの方に登場してもらいましょう。





はい! アグネス!

sid


えーと、この方はセックスピストルズの二代目ベーシストであるシド・ヴィシャスさんです。
みなさんきっと見たこと、聞いたことがあるかと思います。

パンクの精神であり、でぃす いず ぱんく!!!
といえる方ですね。

siid


とんがってますねー

胸に剃刀でFU●Kと刻んであるようです。

ちなみに、実は彼はほとんどベースを弾けなかったそうで、ライブではもっぱらベースで客を殴ったり、客と喧嘩ばかりしていたらしいです。

また、そのような過激な伝説とは裏腹に、非常に気弱な青年だったとも言われています

彼は麻薬の過剰摂取が原因で、21歳という若さで生涯を終えました。

短い生涯ながら人々は彼のカリスマ性とパフォーマンスに魅了され、シド・ヴィシャスはパンク・ロックの伝説となりました。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ようこそG.I.F.T.へ
プロフィール

G.I.F.T.

Author:G.I.F.T.
相互リンク大歓迎です!申請はgift.wwcm.hgu@gmail.comにどしどし送ってきてください♪
G.I.F.T.への依頼なども上記アドレスにお願いします♪

ブログランキングに参加しています
1日1クリック反映されるのでポチッとよろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。